名探偵コナンぶログもどき

名探偵コナンブログです☆(B'z、倉木麻衣FC会員)『きっかけはいつも名探偵コナン☆』

管理人:ぶぷぶぷ(bupubupu) 原則18:00更新。毎日名探偵コナンを補充して貰える場を目指しています!(*^^*)コメント歓迎。無断転載禁止。Since.2007/01/26(2019/08/08ヤプログより引越ししたため過去記事に文字化け&絵文字消去あり)

ゼロの執行人 舞台挨拶京都二条レポ

本当に感謝です!調子に乗りやすいので…ガチなレポ、行きます…!!(色つけまでは出来なくて、読みづらくてゴメンナサイ)

京都の舞台挨拶行ってきました
私にとって、ゼロの執行人の舞台挨拶参加は京都だけだったので大事に大事に楽しむことができました
シークレみたいなノリで、めちゃくちゃ楽しかったです

司会は諸国アナウンサー。
3回以上見た人と聞かれほとんどの人が手を挙げていたのはすごかったです。

映画終了後の舞台挨拶です。ネタバレありですので、ご注意ください
めっちゃ長いです^^;
舞台袖のトークから始まります。
コナン「まだ謎が解けてないよ。どうしておじさんを巻き込んだの?」
安室「(略)…君の本気のチカラが借りられるからさ」
コナン「かいかぶりすぎだよ」
という、つい今しがた見たばかりの台詞が、ナマで聞けて、最初からテンション上がりまくり

でも、やっぱりコナンの舞台挨拶ねっっていう展開が待っていますいや、シークレっぽい!って思いました

急に声のトーンが変わり、
安室「あ、コナンくん。出口はどっち?」
コナン「え、え?出口?こっちだよ」
安室「君ってほんとに頼りになるなぁ」
コナン「もう、安室さんってばぁ」

主題歌の零が流れ始め、声優さん達登場です
入って来るやいなや、力也さんエンジン全開「英理はどこ行ったー?」と言いながら、会場を走り回り、お客さんとハイタッチ
なかなか戻ってこない力也さんに、キック力増強シューズを履いているみなみさんは、足を高々とあげ、キックする仕草
和佳奈さんの「お父さん!ハウス!」もはやお約束ですね、笑。

力也さん「英理はいないかー?」
和佳奈さん「事務所に行ってから来るって言ってた」
力也さん「青二プロですか?」
和佳奈さん「違います!あ、え、あ、今はそうです、笑。…って、そっちじゃないです、妃法律事務所です!」

並び順は、左から小山力也さん、山崎和佳奈さん、高山みなみさん、古谷徹さん、立川譲監督、江戸川コナンくん
ほんっっっとに豪華すぎました

みなみさん「執行されちゃってますかー?」
古谷さん「されてまーす!」
会場、拍手
みなみさん「めちゃめちゃ執行されちゃってる感じですね!今日はよろしくお願いします!」

和佳奈さん「みなさん、執行されまくってるってことで。実は試写は見ていますが、まだ劇場版では執行ゼロなんです。なので、早く、こんなに大きなスクリーンで執行されたいなぁなんて思います」
力也さん「私が執行しましょうか?」
和佳奈さん「良いです、安室さんがいいんで、笑」
古谷さん「執行されると、安室の沼に落ちますよ」
力也さん「ズブズブズブー」
和佳奈さん「戻ってこれるかな」
みなみさん「困るんですけどー」
コナンくん、可愛かった…///

力也さん「京都が故郷です。二条駅の側に母の実家がありまして、地元に帰ってこれて嬉しいです。今回は、どうして小五郎が巻き込まれたかというと、君のホンキが借りられるからって、そんなのヒドイっ!小五郎の本気は借りなくて良いんですか?!」
古谷さん「結構です」
和佳奈さん「無意識な協力者、笑」
力也さん「小五郎の本気はいらない!なんて理不尽な!ヒドイ目にあってしまいましたが、皆さんに会えて嬉しいです。なかなか真実見抜けない、見た目は大人、頭脳は子供、その名は毛利小五郎!私が小山力也でございますー」

古谷さん「僕の恋人はこの国さ…このセリフで、更に安室の沼にズブズブと皆さんハマっていただいたのかなと期待しております。爽やかな青年探偵安室透、黒ずくめの組織のメンバーバーボン、警備キキャク課(丁寧に言ったのに噛むw)の降谷零のトリプルフェイスを持つ謎の男を演じております。シングルフェイスのただの声優、古谷徹です」
みなみさん「いやいやいや…」
力也さん「何をおっしゃいます」
和佳奈さん「レジェンドです!」

立川監督「タイトルの話なんですが、いつも漢字を英語読みさせていますが、今回は頭にゼロがついていて、英語なので漢字のままにしたんですけど、いたるところで執行されますとか言って貰えて、そのままいって良かったなと
古谷さん「最初カッコ悪いなって思ってたんですけどね」
立川監督「えっΣ(゚д゚lll)」
古谷さん「アンフォーサーっていう言い方もあるみたいで」
和佳奈さん「あんぽんたん?」
力也さん?「アンポンタンじゃねーよー」
和佳奈さんも終始絶好調でした、笑。

みなみさん「タイトル、良いですよねー」と軌道修正w
古谷さん「ですよね。10執行目ですとか言ってくれてね。10回目ってことなんですけど」
和佳奈さん「どうしても免許のこと思っちゃうんですけどね
古谷さん「免許失効?!」
みなみさん「そりゃダメだね」
力也さん「更新しないとね」
立川監督「えと…なんだっけ。良かったなと、ヒシヒシと感じているところです。今日はよろしくお願いします」

諸国アナ「昨日(4/21)までで200万人執行されました!から紅の恋歌の記録を現時点で上回るペースです!」
力也さん「私たちに、何かお祝い貰えたりするんですか?」
和佳奈さん「いや、執行されるだけです、笑」
みなみさん「アハハハハ」

古谷さん「やったね!堀川りょうに勝った!」
力也さん「仲良くいきましょう、笑」
諸国アナ「やっぱり気にされますか?」
古谷さん「そりゃぁ、プレッシャーはありますよ。純黒の悪夢で一気に興行収入があがってシメシメと思ったのに、翌年更新されちゃって。風見と目を合わせちゃいましたよ、えっ?!って。今回はそれを超えなきゃいけないと、裏の管理官から任命さられていましたので、頑張って執行しているわけです

古谷さん「いや、ホントは毛利先生の一番弟子なのでね」
力也さん「そうだった!思い出した!」
古谷さん「ポアロの掃除なんてしてる場合じゃないんです」
力也さん「そうですよ!アムサンド作ってる場合じゃないんです!」

諸国アナ「最先端機器を使いこなすコナンくんは、どういう感想でしたか?」
みなみさん「使いこなすというよりも、ドローンは操縦していませんし、人を使って使いこなすんですね。IOTも自分では使っていないので」
力也さん「IOT…イテテ、おっと、てーへんだ
安室さんが「internet of things ちゃんと調べました」
力也さん「そうだった、そうだった」

みなみさん「ああいう最先端機器が、犯罪に繋がるっていう警鐘を促せたかなと」
和佳奈さん「(可愛らしく)電気をつけてミサイル撃って
全員「ちょちょちょちょちょ」
みなみさん「ビックリしたよ」
力也さん「危ない危ない」

立川監督「コナンくんがスマホを触るシーンが多いので、コナンくんの小さい手とスマホのバランスは考えました」
みなみさん「だから筋肉痛になってたのか!」
古谷さん「コナンくん、吸盤みたいになってるんじゃないの?」
みなみさん「吸盤って!笑」
力也さん「頭は大きいのにね」
みなみさん「子供なんだからさーもー

みなみさん「昨日は甲子園で始球式、その後広島で福山雅治さんのライブにお邪魔しちゃいました〜」
和佳奈さん「いいなーコナンくん」
みなみさん「蘭ねーちゃんも行きたかったでしのー」
和佳奈さん「もみじ饅頭食べたかったなぁ」
みなみさん「えっ、そっち?!」

諸国アナ「小五郎のおじさんよりも忙しいですね」
力也さん「なんなんだね、キミは!」
和佳奈さん「うちは子供が働いてます」
力也さん「私だって忙しいんですよ!」
和佳奈さん「ビール飲んでね!競馬がね!」
力也さん「競馬じゃなくて!」

諸国アナ「ゼロから始めたこと、ゼロにしたいことはありますか?」
みなみさん「陰でお芝居をしてから入るってのが、今日、大阪から始めたことです。無理くり、ちょっとやりたいんですけど良いですかって」
古谷さん「みなみちゃんが台本書いてくれました」?
みなみさん「ボケとツッコミ両方考えました」
和佳奈さん「手作り感満載ですね」
みなみさん「ココがコナンの良いところですね

和佳奈さん「4月に入ってからインフルエンザに初めてかかってしまって。IOTテロされちゃいました…って、よく分かんないけど、笑。ゼロがイチになってしまったので、これは増やさないと思って」

力也さん「数少ない過去の失敗をですね」
和佳奈さん「数少ない?」
みなみさん「少ないなら別にねぇ」
力也さん「いや〜少ないんですが…」という話をしながら噛む力也さん、笑。
古谷さん「あ!もう噛んだ!」
力也さん「1000回に1回ぐらいですね」
みなみさん「3回に1回?」
力也さん「NGゼロ!」
古谷さん「NGゼロ…言ったね」
力也さん「(NEWS ZERO風に)NGゼ〜ロ〜」
古谷さん「2度も言った!オヤジも言ったことないのに!」

古谷さん「ぜい肉、悪玉コレステロール。シックスパックの腹筋になりたいですね、安室透をやっている以上。腹チラ見ました?」
みなみさん「18コマなんだよね?」
古谷さん「あれは、あえて入れたんですか?」
立川監督「ナイトメアと同じ方が担当されているんでしょうね。どうにもこうにも入れたかったんだと思います。当然のように絵コンテがあがってきて、OKって。あざとくならないように、抑えめにはしました」

古谷さん「あと、べろんちょ?舌舐めずりといいますか…」
個人的に、この言い方が面白かったです、笑。

諸国アナ「あとは、かきあげの回数もすごいですよね」
古谷さん「かきあげ!」
力也さん「蕎麦じゃないんだから!」
古谷さん「あれ、クセなんですね」
みなみさん「なんて子だ…も好きですね」
古谷さん「あなたがそうだからでしょ」

立川監督「あと、聞いたところによるとセロリが好きみたいで」
古谷さん「そうなんですよー。特番で、安室透として天の声をやっていたのに、ボク、セロリ好きなんですか?って思わず聞いちゃいましたからね」
立川監督「知ってたらスーパーのシーンがあるんでね」
古谷さん「あっ、セロリだニコッ」
立川監督「それもおかしいですけどね」
古谷さん「ゼロリの執行人なんて言われてね。何をセロリで執行するんだ」
力也さん「アムサンドに入れれば良いんじゃないですか?」
和佳奈さん「良いかもー!あっ、コナンくん嫌いなんだ?」
古谷さん「お子ちゃまだなー」
みなみさん「子供だもーん」

立川監督「今度からメモをとって、忘れないように記憶に留めておこうかなって。今日からやろうかと
古谷さん「そろそろアルツハイマーですか?」
立川監督「そうなんですよ、忘れちゃうんで。同じミスを繰り返さないようにするためにも」
和佳奈さん「なんて前向きな」
みなみさん「すごーい」

諸国アナ「これが最後の舞台挨拶ということで、後悔ゼロに!何か言っておきたいことはありますか?お客さんでも…」というフリだったのに、まさかの古谷さんが立候補、笑。

古谷さん「僕の恋人は…っていうシーンは予告でも流れていますが。あそこで、私って思った人は夢女子。赤井って思った人は腐女子なんですって」
みなみさん「風見ではないんですね?」
古谷さん「コナンくんって人もいたかもしれないですね」
和佳奈さん「RX-7とか?」
古谷さん「蘭ねーちゃんとか」
みなみさん「ダメーダメー」

締めの挨拶は古谷徹さんに!
古谷さん「見どころの沢山ある映画です。いろんなキャラクターに想いを寄せて見ると、また違った発見があるのかなと思います。例えば毛利先生…なんで逮捕されちゃうんだとかですね」
力也さん「あなたのせいですよ!」
古谷さん「そうでした、笑」

古谷さん「それぞれに正義があるので、楽しんで頂ければと思います。最後には愛車のRX-7の気持ちで見て頂きたいですね。なんでボクを、こんなぐちゃぐちゃにするんだ!ってね。修理代はみなさんの国税で賄っております」
みなみさん「ちょっと待って。私用車じゃなくて公用車?」
古谷さん「公安、給料安いんですよ」
みなみさん「アレじゃなきゃダメ?」
古谷さん「どうしてもあの車じゃないと」
みなみさん「燃費悪いっすよね?」
和佳奈さん「あんまり使いすぎると証人喚問かも!」

古谷さん「更に盛り上げて頂ければと思います!今年の邦画ナンバー1に押し上げて頂きたい!我々名探偵コナンチームの協力者になってください!お財布がゼロになるまでお願いします

最後に、古谷さんが左腕に巻いていた(マジックの)血のついた包帯(ハンカチ)の処分を執行してくれる人を一名!
文字にするとなんかややこしいけど…笑。そんな、サプライズプレゼントまでありました!!
京都は、バーボンは8年ものが美味しいということでB-8!!ハンカチの右上に座席番号が書かれていました!しっかり安室ファンに当たっていたので、良かったと思います


最後はみんなで、
『真実はいつもひとつ!!!』


30分弱にも及ぶ舞台挨拶…最高でした
いつも東京に行っていたので、関西の舞台挨拶はかなり久しぶりしたが、これは、また来年もと思ってしまいます
あぁー…レポ、2記事に分かれば良かった!笑